さざえ調理法 レシピ  サザエ料理

さざえ料理、レシピ

さざえ

【今が旬!】美しい海から夏の贈り物 風味豊かな[さざえ]
「壷焼き」でおなじみの【さざえ】。
潮の香りが強くなる夏が旬と言われていますが
新潟県北の日本海ではまさに今が旬です!

つんつん角の生えた巻貝

さざえの特徴である「角」。
これはモノによって長かったり短かったり、
中にはほとんどないものもあります。

その違いは主に生育環境。
外海に面した磯に生育するものは長く、
穏やかな内海で育ったものは短くなります。
特に味とは関係ありません。

また殻の大きさも味とは関係がなく、
それよりも殻が薄く、振って音のしない重いものは
身がぎっしりつまっています。
大きさはこぶし大がベスト。
さざえ

新潟県産サザエ(生)

磯の香りがいっぱい!
新潟県県北の水質の良い岩場でとれた
よく身のしまった新鮮なサザエ(栄螺)です。

コリコリとした食感です。
おなじみの「壷焼き」はもちろん、
ちょっと贅沢に炊き込みご飯にしても美味!

生さざえor煮さざえ、お好みのお届け方法を
ご指定いただけます

さざえ

・‥…━━━━━━━━━━━━…‥・
「壷焼き」が最高…
・‥…━━━━━━━━━━━━…‥・

さざえといえばなんと言っても「壷焼き」!
殻ごと焼いて、醤油をさっとたらせばもう
香ばしさがたまりません!

身を細かく切ってシイタケや銀杏を
混ぜて焼いても美味。

また、ちょっと贅沢に「炊き込みご飯」はいかがでしょうか?
ゴボウやニンジンと一緒に、
こぶだし・みりん・醤油を加えて炊き込みます。
磯の香りがふ~んわり。まさに夏の味覚です!

さざえのつぼ焼きさざえのつぼ焼きさざえのつぼ焼き


エボのある渦巻き状の独特のスタイルと磯の香りを漂わす貝は、海の幸の代表選手。
「ツボ焼き」といって、渡し網に貝のまま炭火で焼き、しようゆをかけて食べるのが一般的。
刺身のほか生酢やゆでてつゆをつけたり、小みそ煮やみそ漬けにしても良し。


新潟県産さざえ

 

新潟県産さざえ新潟県産さざえ

 サザエのご注文はこちら