鮭の酒びたしなら鮭の町村上で創業二百年の越後村上うおや

 

鮭の酒びたし
上へ
鮭の酒びたし
前へ 次へ

鮭の酒びたしなら鮭の町村上で創業二百年の越後村上うおや

鮭に塩をすり込み、一週間寝かせ、塩を落として1年間風干しした塩引き鮭を酒に浸して食べるもの。
塩引き鮭を作るのに適した気候の村上ならではの食べ物。

※鮭と日本酒、両方に豊富に含まれるアミノ酸で免疫の向上
DHAは生の鮭の約3倍!

鮭の酒びたしの説明

鮭の酒びたし

鮭の酒びたし

塩引鮭は「旨い村上の鮭」として全国に知られています。
鮭の酒びたしはその塩引鮭をおよそ半年間、日本海の寒風にさらし、
乾し上げたものを薄くスライスしました。

この道50年、超ベテランが選び抜いた最高の秋鮭(雄鮭)を素材に
1週間ほど塩漬にした後、水出し塩抜きをして丁度良い塩加減に調整します。
次に真冬の日本海の寒風に一週間陰干しにして塩引鮭がようやく完成します。
さらに半年干しあげると鮭の酒びたしがようやく完成します。
これは鮭のまち村上の独特の製法で、伝統の技として引き継がれ味は格別です。

鮭の酒びたし

鮭