春は本鱒(サクラマス)が主役です
サクラマス 桜鱒 本鱒

さくらます3月~5月、日本海でとれる本鱒(ホンマス)は桜鱒(サクラマス)とも
呼ばれ、見た目も味も素晴らしい、幻の高級魚です。

スーパなどに並ぶ一般の 鱒とは鱒が違います。 

大きさは2kg~3kgで、漁獲量が少なく高価なため、
高級料亭向けが主体であまり一般には出回りません。 

味はまさに絶品!! 

まずは本鱒(サクラマス)の白焼きや煮付けを一度お試しください。

本鱒(サクラマス)の煮付 

◆ 桜の咲く頃に帰ってくるサクラマス  ━━━━━◆サクラマスは鮭の仲間です。
9~12月に生まれた卵は川底で冬を越し、
翌年春に孵化します。
稚魚は1~2年川の上流で暮しますが、
その後海へ下るものと、そのまま川に残るものに分かれます。

海へ下るものが「サクラマス」、
川に残るものが「ヤマメ」と呼ばれています。
この二つは、姿形もまったく違ったものになります。

海へ下ったサクラマスは約1年後、
生まれた川に戻って来ます。
戻ってくる時期が桜の咲く頃であること、
あるいは身肉の色が桜色であることから
「桜鱒(サクラマス)」と呼ばれるようになった、
と言われています。

(新潟では本鱒(ホンマス)とも呼ばれています)

ダムや河川の開発により環境が損なわれ、
最近では数が激減、
“幻の高級魚”となってしまいました。
しかし、脂が乗っているのにあっさりとした
その味はまさに絶品。
旬を迎えるこれからの時期、
ぜひ味わっていただきたいお魚です。

 

サクラマス

サクラマス

幻の高級魚サクラマス(本鱒)

見た目も味も素晴らしい、幻の高級魚サクラマス(本鱒)

 

サクラマス

サクラマス