鮭の味噌漬

鮭の味噌漬

鮭の味噌漬

越後村上の鮭は全国的に有名で歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていました。その鮭のまち村上で創業二百年のうおやから 厳選した天然の秋鮭(白鮭)を素材に うおや特製合わせ味噌にじっくり漬け込み、 ひとつひとつ心をこめて造りあげた老舗の味 「鮭の味噌漬」をお届けします。

  • 越後味噌とみりんに漬けこんだ逸品。

味噌を洗い流して焼きます。 味噌の香ばしさが食をそそります。ぱりっと焼き上げた皮もまた美味です。

 

◆ 越後味噌とは  ━━━━━━◆

日本一の米どころ・新潟産のお米を精白し、丸米のまま使用した米味噌です。 そのため米粒がぷつぷつと浮いて見えるのが特徴。赤色辛口で、まろやかな香りと味わいがあります。越後味噌は熟成期間が長いので、うまみが強く、味噌漬けに適しています。

鮭の味噌漬けはもちろん、大根やしょうが、きゅうりなどの味噌漬けの 味噌床としても用いられます。また、生で食べるもろきゅうにもおすすめ。お酒好きな方はぜひ、越後味噌のもろきゅう+鮭の味噌漬けに 新潟の地酒など合わせて、越後の味をフルコースで満喫してください!

 

鮭の味噌漬

鮭の味噌漬

 

東京スポーツお取り寄せ品評会で鮭の味噌漬が紹介されました。  

鮭の味噌漬

東京スポーツお取り寄せ品評会で鮭の味噌漬が紹介されました。

<本日の一品>
新潟県村上市といえば別名”サケの町″。市内を流れる三面川のサケは、平安のころから都に献上されてきたという。サケが遡上する秋 から冬にかけていただく塩引きもうまいが、香ばしいみそ漬けも何ともいえぬ味わいがある。生サケの切り身を越後みそとミリンに漬け込んだ逸品。創業200年を数える「うおや」からお届けする。

<程よい脂、身はしっとり>

200年を数える老舗・越後村上うおやから”鮭の味噌漬”を取り寄せた。1パックに5切れ詰まってクール便で到着。パンフレットには”味噌を軽く水で洗い流して中火以下で焼いてからどうぞ〃とあったが、そのまま金網にのせる。 みそがチリチリと焦げるにおいに胃袋もキュンと鳴る。小ぶりながら厚みはしっかりある。もう片面こんがり焼き上げ、大根おろしをたっぷり添えていただきま~す。

越後みそとミリン、日本酒が醸す生サケのうまみ。しつとりした身の食感に、脂のノリも加わってうまいの、なんの。香ばしいみその衣に包まれた身は、塩分控えめだけにサケそのものの味がしっかりと舌に伝わってくる。炊きたてご飯との相性たるや、これ以上のものは無い。パリっと焼き上がった皮がまた美味。

<EPAやDHAもたっぷり>

1袋に5切れパックされて1575円。身がギュッギュッと凝縮されているような背中の切身、こってり脂ののった腹身部分・・・。部位によって微妙な味の違いが楽しめるのもいい。
食べてよし、体にまたよし、鮭の味噌漬。一句できちゃったのではないか。
出は新潟県人なもので、だんぜんヒイキしちゃいます。(秋)

 

鮭の味噌潰

日本全国お取り寄せグルメで鮭の味噌潰

ハーティ・プラス
日本全国お取り寄せグルメで紹介されました

越後村上うおや
越後村上名産 鮭の味噌潰

厳選した鮭を特製味噌にじっくり責け込み、
ひとつひとつ心をこめて造りあげたご老舗の味。
味噌の香ばしさが食をそそる鮭の味噌漬。
程よい脂で、外はパリっと、中はしっとりとして美味!
焼き上がった皮もまた絶品です。

鮭の味噌漬

味噌の香りがうまいの、なんの

NHK食彩浪漫で鮭の味噌漬けが紹介されました。

鮭の味噌漬

味噌の香りがうまいの、なんの

鮭の町村上の最高級秋鮭を素材に越後味噌とみりんに漬け込んだ逸品。
程よい脂、しっとりとした身の食感が、しっかりと舌に伝わってくる。
香ばしい味噌の衣に包まれて何ともいえぬ味わい。