お客様の声

お客様の声(TOP)

お客様の声 年度別(1999年〜2013)

 2012年以降 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 

                     2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 

 

お客様の声 鮭製品(塩引鮭、いくら、酒びたし・・・

 

塩引き鮭一尾 塩引鮭切身 鮭の塩引親子 いくら  鮭の味噌漬  鮭の味噌漬親子 

            鮭のかほり漬 鮭の焼漬 飯寿司 鮭の酒びたし 鮭ものがたり 秋鮭 氷頭なます

 

お客様の声 魚介商品(岩牡蠣、あわび、さざえ、えび、タコ、イカ・・・

 

天然岩牡蠣 あわび・さざえ 煮ばい貝 貝セット 甘海老 煮だこ 飯蛸煮

お客様の声 鮮魚商品、(真鱈、サクラマス、真鯛、浜焼 ・・・

 

まだら まだら鍋 サクラマス 天然真鯛 鮮魚セット 刺身セット 手巻寿司セット  浜焼セット

お客様の声 干物、一夜干(やなぎがれい、はたはた・・・

 

やなぎがれい はたはた 丸干イカ

お客様の声 刺身、浜焼、魚卵、各種切身 惣菜他(刺身、手巻寿司、浜焼・・・

 

姫御膳(いくら海鮮)  小鯛 梅干し もずく 各種切身 魚卵 惣菜

 

お客様の声 郷土の逸品(米、笹だんご、村上茶・・・

 

笹だんご 杵つき餅 うおや特選米 岩船麩

 

お客様の声 モニタ-(塩引鮭、いくら、岩牡蠣・・・

 

 

鮭ものがたり6品A(塩引き鮭,鮭の醤油はらこ,酒びたし,味噌漬,焼漬,かほり漬)  

 

うおや特製切身セット(塩引き鮭 鮭の味噌漬 銀だら醤油漬 さば醤油漬)

 

笹川流れの天然岩牡蠣

 

日本海天然貝セット(天然岩牡蠣、あわび、さざえ)

 

新潟県山北産岩もずく

 

笹川流れの天然あわび

 

のどぐろの一夜干

 

鮭の醤油はらこ(イクラ)とうおや特撰米(岩船米コシヒカリ)

鮭の焼漬親子(鮭の焼き漬けとイクラ醤油漬)

 

塩引き鮭切り身

 

塩引き鮭親子セット

 

まだら鍋セット

 

サクラマス切り身

 


岩牡蠣 お刺身 はらこ まだら 姫御膳 モニター  

金頭 渡辺梓さんと    

     まるどり

 

 杉浦太陽さん水島さんと 杉浦太陽さんと 杉浦太陽さん水島さんと

 

ZIPPEIスマイルキャラバン ZIPPEIスマイルキャラバン

 夕食風景 夕食風景 夕食風景 

 

手巻き寿司セット手巻き寿司セット手巻き寿司セット

 

   

天然岩牡蠣天然岩牡蠣天然あわび 

 

鮭の酒びたし お客様の声鮭の酒びたし お客様の声鮭の酒びたし お客様の声

 

 

渡辺梓さんと     伊勢みずほ さんと      田巻直子さんご一家と 
  越後村上うおや 立ち雛 越後村上うおや 
越後村上うおや 
雛人形はがき  殿御膳 姫御膳
 
  山際正二 本鱒(ホンマス)  

中坊公平様ご夫婦と    笹むすび

あわび   天然岩かき 天然岩がきいか刺
    杉浦太陽さんと
はらこ飯  アマダイ釣り     あわび 越後村上うおや  コーヒタイム小島純子先生作 うおやの塩引鮭
     
  お客様と 
   teny 新潟一番 一番中継
 
越後うまいもんや   鯛、岩牡蠣のご感想
   
村上小学校
    三面川        
あわび、岩牡蠣 お客様の声
   お客様と2 お客さまの声
  醤油はらこ(いくら)うに 軍艦巻 醤油はらこ(いくら) お客さまの声

      嵐山光三郎先生 はがき 嵐山光三郎 嵐山光三郎先生はがき3 嵐山光三郎先生 はがき2 嵐山光三郎先生 はがき 
嵐山光三郎 うおやの魚は日本一 嵐山光三郎 越後村上うおや 店主
 蟹 川村様
    いか  えび 日本海、海老もうまいぞ   塩引鮭
おいしかったです  めで鯛
    
 

塩引き鮭 一鰭(いちびれ)


ご意見ご感想

保育所の皆さんからかわいい絵を送っていただきました。(栃餅

    

お客様のweb日記にうおやの「岩牡蠣」が紹介されました。


この胸のときめきを


まだまだ続くの胸のときめきを

お客様のweb日記にうおやの「真鱈鍋セット」が紹介されました。


まだらのヒモ

 

お客様より一句頂きました。


孫たちと    喜び食す   うおやかな      
   食卓が        笑いに変わる  味とどき
 

福無くも うおやの魚介 幸よみがへり
 家族への 幸願わくば 漁師の心 忘れられたる 団欒(だんらん)や     
 食らうたら 思い出すなり 素の旨さ
 好き嫌い 旬を召さねば 損とする
 旬魚 いつも心が 踊られる
 来客に 箸止め問われ 素なイクラ 輝き瞳 今も忘らん
 時として 忘れがたきや 旬の味
 炭を焚き 煤けながらに 笑み浮かべ 丸ごと旨きし 海の幸(時かな?)
 七厘を 見掛けた民(たみ)が 魚に呑まれ


いなほ号 孫に手ひかれ  村上の 情しみ入る はらこどんぶり 
  頸城野を 白鷹号で通り過ぐ 夢よ恋しい 父母の面影


飛び跳ねし 仔犬になりたし 不景気(つゆ)空


三面川 会えて嬉しや 年の鮭


うおやの鮭を食べて一句
   村上の 鮭もめでたき 松の内

       ほろ酔いで 雑木紅葉の なかを行く


江戸咄 語りげな口 享保雛
 古雛を 飾れば笑みを 返しけり
 雛こわし 糊で直せし 日の遠く
 雛招く 遠来の客 賑えり 


屏風絵の 唐人人を 招きけり
 遠来の 人に供しぬ 里のお茶
 屏風配し 旅人招く 北の町
 蔵出しの 古いし屏風を 披露せり


乾鮭の 匂ふ城下の 通し土間


屏風そう こぼれんばかりの いがの栗


よく太り膳をはみ出す秋刀魚かな


町衆の思ひ感じて雛の前


活きの良さ 問われる 鮭の川煮かな

 

福無くも うおやの魚介 幸よみがへり  

家族への 幸願わくば 漁師の心 忘れられたる 団欒(だんらん)や     

食らうたら 思い出すなり 素の旨さ

好き嫌い 旬を召さねば 損とする

旬魚 いつも心が 踊られる

来客に 箸止め問われ 素なイクラ 輝き瞳 今も忘らん

時として 忘れがたきや 旬の味

炭を焚き 煤けながらに 笑み浮かべ 丸ごと旨きし 海の幸(時かな?)

七厘を 見掛けた民(たみ)が 魚に呑まれ

 

俳句 bsn イブニング王国 伊勢みずほさんと

 

 

 

たくさんのメールありがとうございました。

 

 

 


越後村上うおやの四旬季
 
春のサクラマス 夏の岩牡蠣 あわび 秋の秋鮭 はらこ 冬の塩引鮭 飯寿司 真鱈

越後村上うおや サイト  0254-52-3056  鮭販売