三菱東京UFJ銀行 Comfo
この酒にふさわしい この肴
2011.Spring/Summer Vol.10

鮭の氷頭なます

l_ufj001
酒宴に花を咲かせる
麦わら色の たくらみ

フィノ・ティオ・マテイオ
マル ケス・レアル・テソーロ
¥3,444(750ml)

シュポンと小気味いい音を立てて「フィノ・ティオ・マティオ」 のコルク栓を開けたときから、
シェリーの楽しみはもう始まっている。

途端に立ち上る華やかで甘い香りに次いで、ツンとくる独特のイースト香が漂い、
ふくよかな広がりをみせる。

シェリーは自ブドウから作られた辛口ワインにフロール(花)
と呼ばれる酵母を与えて発酵きせ、ブランデーを加えたものだ。

ワインの表面に膜を張ったフロールは呼吸しながら熟成を進め、
ボデガと呼ばれる貯蔵熟成庫で長い眠りに入る。

コルクのふたを開けるときは、シェリーが眠りから日を覚ます瞬間。
まさに花が咲いたような芳醇な香りに、期待が高まっでくる。

ダラスに注ぐと、淡い表わら色が美しいQ フィノとは辛口のシェリーで、
この「ティオ・マティオ」はスペインの人々に愛されるシュリーの定番。

ほんのわずかを一瞬、甘い香町が口を走り、あとはひたすらキリッと辛くて爽快。

強めの酒精の心地よい余韻がのどの奥でこだまする。

フィノに合うのは、酸味や塩味のあっさりした味付けの魚介類料理。

マリネや酢漬け、天ぷらなど。そう、辛口の日本酒に合いそうな肴は
だいたい合うと考えていい。

今回、ティオ・マティオといただくのは、新潟の「鮭の氷頭なます」。

水頭とは鮭の頭の軟骨。

とろんとした半透明色で、淡泊な味とコリコリとした歯触りが独特だ。

甘酢、ゆず、大枚おろし、いくらなどを加え、酸味のある味わいに仕上がっている。

辛口のシェリーはストレートに胃袋を呼び覚ます。

続いて、さっぱりした口当たりの氷頭なますをつまんでいると、
食欲がむくむくわいてきて「ようし、今日も食べて飲むぞ」と高揚感が満ちてくる。

シェリーの香りをかいだ瞬間から、もう酔い始めていたのかもしれない。

l_ufj002

鮭の氷頭なます
300g
¥700
越後村上うおや
新潟県村上市大町4-3
TEL:0254-52-3056
https://www.uoya.co.jp/uoyasake/shopsake.html

 

m_ufj003

ご紹介ありがとうございました。