いわふね新聞
日本一お取り寄せでグランプリ
鮭食品部門で各界の食通をうならせ、日本一に輝いたうおやの飯寿司

秋元康さんも絶賛 うおや「鮭の飯寿司」

秋元康さんも絶賛 うおや「鮭の飯寿司」

秋元康さんも絶賛 うおや「鮭の飯寿司」

日本一お取り寄せでグランプリ

村上伝統のお正月の味に、あの秋元康さんも太鼓判-。
越後村上うおや=村上市大町=が製造・販売している「鮭の飯寿司」(250グラム 1200円)が、
発行部数9万部以上を誇る男性向け人気ライフスタイル誌「BRUTUS」(マガジンハウス)の
2月15日発行号に掲載された特集「日本一の『お取り寄せ』最終案内。」の鮭料理部門で、
見事グランプリを獲得した。

全国の「お取り寄せ」食品を各界の食通著名人4人が審査し、
ジャンル別に日本一を決める人気企画で、4年半ぶり5回目の今回は、
「ごはんの友」「ご当地麺」「ホットスイーツ」など16部門に
編集部が事前に厳選した192品が出品された。

12品がエントリーされた鮭料理部門では、うおやの飯寿司を審査委員長の秋元康さんが、
「これはすぐにでもお取り寄せしたい。日本にはこういう食べ方がある、と世界に伝えたいくらいです」
などと絶賛して1位に挙げ、酒井順子さん(エッセイスト)らほか3人からも2位の評価を受けた。
同部門で村上からはほかにも水徳(塩町)の「鮭の酒びたし味噌漬」、
味匠きっ川(大町)の「特選鮭の焼漬」が紹介された。

うおやの飯寿司の味を決めているのは、大女将の上村八惠子さん。
60年もの間、毎冬その日の気温や発酵の段階によって重しを変えるなど繊細な仕事で、
甘すぎない絶妙な味わいを生み出し続けている。
上村隆史社長は「村上の飯寿司が全国に認められて嬉しい。
今後もこの味を守り続けていきたい」と語っていた。

 

鮭食品部門で各界の食通をうならせ、日本一に輝いたうおやの飯寿司

鮭食品部門で各界の食通をうならせ、日本一に輝いたうおやの飯寿司

掲載ありがとうございました。