CART

真鱈の味噌漬

真鱈の味噌漬 真鱈の味噌漬

真鱈の味噌漬(1切)

真鱈の味噌漬 真鱈味噌漬 真鱈の味噌漬 真鱈の味噌漬

真鱈の味噌漬 

日本海産の旬の真鱈を越後味噌に漬け込みました。
独特の風味がしっかりしみ込んで、味噌の香ばしい香りがたまらない逸品

味噌を洗い流して焼いてお召し上がり下さい。

  • 真鱈の味噌漬(1切)    税込:440円 

    注文数:

原材料 真鱈(国産)、みそ(大豆を含む)(国内製造)、水あめ、砂糖/アルコール、調味料(アミノ酸)、着色料(アナトー)
内容量 1切
保存方法 冷蔵保存の場合:5℃以下
冷凍保存の場合:-18℃以下
賞味期限 冷蔵7日:冷凍60日
配送形態 クール便
栄養成分表
(100g当たり)
熱量99kcal,タンパク質15.1g,脂質1.0g,炭水化物7.4g,食塩相当量2.9g

真鱈は北の海の魚

北太平洋に広く分布する真鱈。
日本近海では北海道から、太平洋側は茨城、日本海側では山陰に至る海域に分布しています。

全長1m、体重20kgにもなる大型魚。
体は褐色で、背中側にまだら模様があります。
この「まだら」模様から「真鱈」という名前になったと言われています。

日本で「鱈」といえば一般的にこの真鱈を指します。
「鱈」という字、魚偏に雪、と書きますが文字通り雪の季節が旬。

産卵のために丸々と太ったこの時季の鱈は「寒鱈」といい、
郷土料理の「がら汁(どんがら汁)」とともに、冬の味覚として親しまれています。

真鱈

「鱈」のつく言葉いろいろ

小型魚からエビ・カニ、そして貝まで手当たり次第になんでもいっぱい食べて大きくなる鱈。

「鱈腹(たらふく)」「矢鱈(やたら)」「出鱈目(でたらめ)」などの言葉は、
そんな鱈の大食漢ぶりからきていると言われます。

そしておなじみのタラバガニ、漢字では「鱈場蟹」と書きますが、
文字通り鱈の漁場と同じところで取れるためこのような名前になったのだそうです。

ちなみに「鱈」という字は中国から来たものではなく、日本で生まれた「国字」です。
日本人と鱈の深いかかわりがうかがい知れますね。

<< 前のページに戻る

人気商品