新潟 手みやげと贈り物でサクラマスの塩引きが紹介されました

大切な人へ、親しい人へ贈りたい新潟の逸品

サクラマス塩引き 

サクラマス塩引き

上品な脂ののったワンランク上の塩引き
サクラマス塩引き

サクラマスは、新潟では本鱒(マス)とも呼ばれ、桜の咲くころに生まれ故郷の川に戻ってくる、まさに春の使者。うおやで使うサクラマスは、
日本海の東北沿岸から北陸にかけてとれたもの。魚体は鮭に比べると半分ほどの大きさだが、味は鮭・鱒類の中で一番といわれるほど。ハラス
の部分だけでなく、全体に脂がのっているのだが、実にあっさりして上品。割烹などで珍重されるのもうなずける。
塩引きの作り方は鮭と同じ。さばいた後に塩を引く(塗る)のだが、この手加減が難しい。塩が強すぎても弱すぎても、良い塩引きにはならな
い。長年の経験が物を言う世界だ。1週間ほど干して塩抜きし、さらに2週間から1カ月干して熟成させる。屋内に風を取り込みさらすことで、
うま味が増すのだという。鮭に比べると値段は張るが、春を迎えた喜びとともに味わいたい逸品だ。

 

手みやげと贈り物

手みやげと贈り物