はらこ
越後村上名産 いくら醤油漬(鮭の醤油はらこ)

鮭の醤油はらこ
鮭の醤油はらこ
越後村上の鮭は全国的に有名で歴史は古く、
平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていました。
その鮭のまちで創業二百年の越後村上うおやが自信を持ってお届けする
最上級の旬の鮭の子を使用した「鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)」。
他とは味が違います。


一度食べたら忘れられない!

越後村上郷土の一品・醤油はらこ。
(村上ではいくらのことを「はらこ」といいます)

最高の素材を醤油と酒でシンプルに味付け。
素材の良さを最大限に生かしています。

ぷちぷちの食感、
噛むと中からとろ~り…
濃厚な味わいがたまりません!!

ごはんにのせれば至福のひととき。
この時期ならではの作り立てをぜひどうぞ!


 「ローカル線温泉旅」嵐山光三郎先生著
で紹介されました。

第一部 北上編 第3章 村上から酒田、新庄、盛岡へ

うおや紹介抜粋>

さて、村上へ行ったおりは、吉源とともにどうしても行かなきやいけない店がある。
鮮魚店のうおや(tel0254-52-3056)である。
観光客は鮮魚センターヘ行くけれども、土地の人はうおやで買う。冬には、鮭の腹子(いくら)の醤油漬けが出て、こいつがべらぼうに酒にあう。
見ている前で生腹子を醤油に漬けて送ってくれる。塩引鮭もうおやのがおすすめだ。店に入ったら柳鰈一枚二百円が並んでいた。栄螺(サザエ)一個百六十円、汐烏賊百五十円、酒びたし一袋三千円、パイ貝一山二百四十円、あとは塩もずく一山三百円。
泥鯵(ドジョウ)が水槽のなかでピョコタンと泳いでいる。
私は七年前にうおやは「日本一の魚屋」という認定証を進呈し、
その色紙が古くすすけたまま店の奥に飾ってある。
元気のよい上村八惠子カアちやんと握手してから、近くの瀬波温泉大観荘にむかうこととあいなった。

嵐山光三郎
村上の鮭紹介抜粋>

村上の鮭はしぶとい味
新潟から羽越本線鈍行列車に乗って一時間二十分で村上に着く。特急いなほに乗れば四十五分であるが、鈍行でゆっくりと行くことにした。村上は小さな城下町で武家屋敷や古い商家があり、曲りくねった路地には日本海沿いの街道の面影が残る。皇太子妃雅子さまの故郷でもある。
村上市の北を流れる三面川は、江戸時代より藩による鮭放流がさかんで、この地の武家の子たちは、鮭で育った「鮭っ子」と呼ばれてきた。三面川の鮭は北海道の鮭とは味が違う。ことに塩引きして自然乾燥させた鮭は、一度食するや生涯忘れられなくなるしぶとい味である。日本海を下って三面川へ戻ってくる鮭は、油がぬけて、全身に根性がみなぎるのである。油が残っていると、きめのこまかい自然燻製の味にならない。
私は三面川の鮭を好み、毎年十一月になるとでかいのを二匹注文する。一匹は塩引きのままつるし切りにして食し、一匹は軒下へつるしたままにしておき、自然燻製にいたす。鮭はタワシで洗い、塩を大量にまぶしてみがき、四、五日漬けてから一日中水で洗い流して塩分をぬいて干すのである。つまりは鮭の漬け物だ。塩加減ひとつによって味が微妙に変る。干して七日めぐらいの塩鮭を切り身にして炊くと、こりやもう「オーツ」と溜息が出るほど上等で、皮がパリッとして香ばしい味である。

嵐山光三郎
        

「いーくちこむ」様サイトで弊店の鮭の醤油はらこ(いくら)が紹介されました

おすすめ度は なんと満点を頂きました。

鮭のまち越後村上で創業200年を誇る「老舗うおや」の醤油はらこを堪能しました。
一粒の大きさに驚き、はじける食感に一同大満足でした。

岡 粒がすごく大きい!
吉越 ほんとに大きくてビックリ!ボリュームがあるね。
岡 それに一粒一粒が光っていて、つやつやしている!
吉越 すごく鮮やかな色合いだよね。美味しそう!

吉越 口の中に入れた時のはじけ感がすごい!美味しい!!口の中でプチプチとはじけた後にとろっと溶けていく味わいも何とも言えなくて、ただただ「美味しい!」って言葉が出てくる。
岡 滑らかな舌触りだね。今まで意識して食べたことがないけど、明らかに今まで食べていたものより美味しいのがわかる。
吉越 すごく濃厚で旨味が凝縮されている感じ!味もちょうどいい。

岡 薄味だけど、ご飯にのせてそのままちょうどよく食べられる絶妙の味加減だね。余計なものが一切入っていない感じがする。それでいて生臭さもない!

吉越 そう言えば、味に魚介類独特の生臭さが残らないね。新鮮さを感じる。

岡 ご飯との相性は抜群だけど、大根おろしと一緒にあっさりと食べるのもいいよね。新鮮で美味しいからこそ、シンプルな料理にした時にその差がはっきりとわかるものだからね。
吉越 想像以上の量でボリュームがあったから、丼だけじゃなく、他の色々な料理に添えたりすることもできそうだよね。

岡 ちょっと贅沢だけど、大人だけじゃなく子供達にも食べさせたいな。本物の味をぜひ味わって欲しい。
吉越 特別な日に豪快に食べたい一品だね!

                  鮭の醤油はらこ

 

 週刊アスキーに鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)が紹介されました

鮭の町村上名産 塩引鮭切身
ご飯にのせてぜいたくイクラ丼に!
鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)320g
かめばプチッと弾ける芳じゅんなうまみ、とろけるあと味。
最上級の秋鮭の子を選りすぐり、特製醤油で味付けした
「鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)」。
新潟粋人SUITO味覚の王国新潟を味わう 鮭の醤油はらこ(いくら)

鮭の醤油はらこ(いくら)

新潟粋人SUITO味覚の王国新潟を味わう 鮭の醤油はらこ(いくら)

新潟粋人SUITO味覚の王国新潟を味わう 鮭の醤油はらこ(いくら)   鮭の醤油はらこ 越後村上うおや/村上市
鮭の町・村上の伝統食品。
秋鮭の子を醤油と酒で味付けしたシンプルな製法だが、同店の魚卵のおいしさを引き出す調味には定評がある。
○パック(320g)3,150円  (160g)1,600円
・賞味期限60日(要冷凍)
「文句なしのおいしさ。まさにごはんの友です」(吉田さん)、「醤油の見昧が抄ですね」(石川さん)、「上質なはらこ。さすが鮭の町・村上の仕事です」(小島さん)

 

テレビ信州 情報ワイドゆうがたGET  

イクラ丼
サケ尽くし!!郷土料理 イクラ丼
ため息がでますね!
ため息がでますね!
はらこ飯
はらこ飯
大フィーバです!
大フィーバです!

長野では味わえない鮭料理の数々に感動し、
村上の素晴らしさを実感することができました!


旅の手帖 県産米&ごはんの友取り寄せ図鑑 醤油はらこ(いくら醤油漬) 

中部 新潟県 鮭の醤油はらこ(いくら)
旨味が凝縮された濃厚な味わいながら、魚介類独特の生臭さが残らず新鮮さが際立つ

新潟県 鮭の醤油はらこ(いくら)

新潟県 鮭の醤油はらこ(いくら)

鮭の醤油はらこ 「越後村上うおや」
サケの町、村上で創業200年を誇る老舗のはらこ醤油漬。最高級の秋サケの子を醤油とサケで独自の味付け。丁寧な手作りで、一粒一粒の大きさと、口の中で弾ける食感にファンの多い人気の品。

 FBS福岡放送めんたいワイド産直一直線 鮭の焼漬親子

鮭の焼漬親子

FBS福岡放送めんたいワイド産直一直線 鮭の焼漬親子

「越後村上うおや 秋鮭焼漬親子セット」
秋の味覚 新潟県村上市 産直一直線 全国の美味しいものを視聴者の皆さんに紹介するコーナです。
九州でも秋を感じられる季節になってきました。
そこで秋の美味しい鮭を皆さんに紹介したい。また、鮭はこちらでは北海道というイメージが強いですが、昔から鮭文化が根付いている村上の鮭料理を伝えたい。 村上市に帰ってくる秋鮭は白鮭という脂が適度にのっている鮭です。はらこは村上独特のもので酒・醤油で味付けしたもので、焼漬は鮭を一度白焼きにして醤油・酒・みりんで味付けした秘伝のたれに漬け込んだものです。